不動産売却して岩沼市に移転するのですが?

岩沼市の不動産価格(宅地・中古住宅)は、ここ数年安定して推移しています。

駅徒歩15分と駅徒歩3分の価格差を参考に不動産売却価格との試算を行なってください。

■駅徒歩15分の中古住宅で1150万円・坪単価15.14万円。

岩沼市は宅地価格や土地付きの中古一戸建て住宅の値段は、同じ駅徒歩圏内でも、徒歩分数によってかなりの違いがあります。

たとえばJR東北本線の岩沼駅を起点に考えた場合、駅徒歩15分の中古住宅で1150万円(坪単価15.14万円)で出ていますが、これが駅徒歩3分になると更地でも1500万円(坪単価38.69万円)となり倍以上の開きがあります。

ちなみに駅徒歩24分であれば中古一戸建ての上物付きで1,150万円(坪単価15.14万円)です。

■JR東北本線の沿線が不動産価格形成のキーエリア。

現在住んでいる住宅の不動産売却による値段がどれくらいになるかによりますが、岩沼市の不動産売却の場合はJR東北本線の沿線がキーエリアになっており、この沿線上の実勢価格によって沿線界隈の不動産価格が決まっているようです。

先にご紹介した宅地や中古住宅の敷地面積は平均して75坪です。

岩沼市は駅前を除いて宅地との棲み分けがはっきりしており、駅から15分以上離れると生活施設・公共施設がまばらになります。

その意味で少なくても駅徒歩15分圏内に住んで、歩いて買い物や銀行に行けるライフスタイルの確保をおすすめします。

■現状において岩沼市の不動産状況に大きな変動を与えるような岩沼市の政策は動いていません。

宅地・中古住宅の価格は安定しています。

岩沼市のこの界隈で、とくに地価の上昇につながるような動きはみられません。

したがって地価は安定していますので急ぐ必要はなくそちらのタイミングで不動産売却しても購入価格に影響することはないと推測できます。